HOME > カードローンについて > 返済方法について

返済方法の種類

ローンの返済方法には、いくつかの種類があります。
・ 元利金等返済
・ 元金均等返済
・ アドオン返済
・ リボルビング返済
などで、ローンの種類によって、採用される返済方法は違います。
このうち、多くのカードローンで採用されているのは、リボルビング返済で、借入額に従い、毎月の最低返済額が決められ、この金額を借入額+利息分の完済まで返済し続けるという方法です。

元利均等方式

元利金等方式というのは、借入額の元の金額と返済完了までの金利を合わせた金額を月数で均等割りするので、毎月の返済額が一定になります。ただし、最初のうちは、返済額中の利息が占める割合がとても多いので、元金がなかなか減っていきません。返済期間が経過するとともに、元金の占める割合が増えます。返済計画が立てやすいので、住宅ローンなどによく用いられます。

元金均等方式

元金均等方式というのは、元金を均等割して、それに利息分を追加して支払っていく方法です。当初は利息分が多いので、返済開始当初が最も返済額が大きく、返済期間の経過とともに、返済額が減っていきます。この方法だと、現金が一定に減っていくので、総額で支払う利息が、元利金等方式よりも少なくてすむという利点があります。

分割払い

分割払いとは、特に、クレジットカードを使って商品を購入した場合、支払いを何度かに分けることを言います。利息は返済が始まる前の時点で計算され、商品代金に上乗せし、返済月額で均等割します。当然、返済期間により利息額は変わってきますが、中には、2回分割までは無利息とか、ボーナス一括払いにすると、支払月までの期間、無利息になるなどのサービスをしているクレジットカード会社もあります。

リボルビング払い

リボルビング支払とは、借入額によって、各月に支払う最低額が決められる方法を言います。各月の支払が小額で一定なので、負担が軽い反面、返済期間が長くなり、それに伴い利息額も激増するというリスクがあります。返済が小額であるため、負債があるという意識が薄れ、多重債務に陥りやすいという指摘もあります。カードローンで最も多く採用されている返済方法です。

このページのトップに戻る